看護師イラスト

今日は看護学生の方に
特に読んでもらいたい記事です。

・看護師になるにあたっての志は必要か
・どういう環境で働く権利があるのか

お伝えします。

まず初めに、
看護師になるからには
志高く、常に患者さん第一でなくてはいけない
と思ってる人が多いのではないでしょうか?

「自分や家族が入院した時に助けられて」
「患者さんの命を守る仕事に憧れて」
など、キラキラした動機が必要
と思っていませんか?

実際に働いてみて
看護師になった動機を
周りに聞くと

・自立し手に職をつけるため
・家族、親戚にナースがいて

などが結構多いです!

男性看護師の場合だと
医者になれなかったから
という人もちらほらいました。

つまり、そんなに
熱意を持ってる人はいない
ということです。

実際に命に直接関わる仕事ですし
日々進化する医療に対応するために
勉強は必要ですし、
間違えちゃいけない時に
細心の注意は必要です。

しかし、看護師という仕事に
熱意を持ってパワーを注げられる人って
そんなにいません。

みんな結構
「やめたい」
「ニートしたい」
「転職したい」
など口癖になるくらい言ってます。

ただ、それくらいのモチベーションの人の方が、結果的に長続きしていると私は感じています。

目をキラキラさせて入ってきた
新人看護師の方が
早くに挫折を味わい辞めてしまいます。

これはやる気を持つなと
言っている訳ではなく
仕事に対する理想や憧れを抱きすぎると
現実とのギャップにやられてしまうことがある

ということです。

プライベートの時間も楽しまないと
いい仕事はできないと思います。
ほどほどに頑張りましょう。

ちなみに、
私がなぜ看護師になったかと言うと
単にお年寄りが好きで
お年寄りと関わる仕事がしたいと
思ったからです。

最初は保健師を勧められて
大学に入ったのですが、
仕事を学ぶうちに
保健師より看護師の方が
患者さんと直接的な関わりが多く
やりがいを感じられそうなので
看護師にしました。

割とシンプルな理由です。
特に志が高い訳ではなく
なんとなくで決めました!

そして

看護師という仕事は
国家資格です。
まず就職に困ることもなく、
同世代の会社員の人よりも
たくさんの給料がもらえます。
(これは夜勤ありきな部分もあります)

自分が得た資格を
最大限生かしましょう。

看護師の仕事は
病棟以外にも
外来、クリニック
企業、献血センター
治験コーディネーターなど
かなり幅広いです。

病棟だけでも科によって
患者さんの雰囲気がガラッと変わります。

まず働いてみて、
自分に合わないと思ったら
すぐ環境を変えていいです!

病院内で科を変えてもらったり
病院を辞めたり
辞めさせてくれなかったら
勝手に辞めてもいいです笑

それくらい私たちには
選ぶ権利があります。
雇ってもらっているのではなく
自分の意思で働いているということを
忘れないでください。

私は緩和ケアメインの病院から
整形外科に転職し
人生が変わったと思っています。

それについての詳しい話は今後しようと思います。

看護師という資格を活かして
気楽に稼ぎましょう!